歯医者でできるケアとは

専用の機器で綺麗にしてもらう

食後に必ず歯を磨く習慣があっても、汚れが残ってしまうことがあります。
また自分の磨き方が甘い可能性があるので、歯医者でのケアを忘れないでください。
歯医者では専用の機器を使い、歯にこびりついた汚れを落としていきます。
特に固くこびりついた歯垢や歯石は、歯ブラシで落とすのが難しいので、歯医者にケアを依頼してください。

インプラントの治療が終わっても、定期的な通院は必須です。
この時に口内をチェックしてもらい、インプラントに異変が起こっていないか確かめてもらいましょう。
特に異変が起こっていない時は、口内のクリーニングは30分ほどで終わります。
忙しくて歯医者に行く時間がない人でも、何とか空き時間をつくる必要があります。

通院する頻度を知っておこう

半年に1年から1回では、通院の回数が少ないと言えます。
歯に異変が起こっていても気づけず悪化する危険性があるので、頻度を増やして歯医者に行ってください。
おすすめは、3か月に1回です。
自分の健康に関わることなので、歯医者に行く予定を優先し、スケジュールを決めましょう。
また1日に行くなど、わかりやすい日にちに設定するのも良い方法です。
定期検診の日を忘れず済み、確実に歯医者を受診できます。

定期検診の時に、歯磨きの正しい方法を教えてもらっても良いですね。
毎回汚れが溜まっていると言われる人は、歯磨きの方法が間違っている可能性が高いです。
そのままではインプラントに炎症が起こる可能性があるので、早めに改善してください。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ