口内を汚さないために工夫しよう

歯を1本ずつ磨こう

どんな歯でも毎日磨かなければ汚れてしまい、虫歯や歯周病の原因になります。
そしてインプラントにした歯は、普段よりも丁寧に磨いてください。
通常の歯よりもインプラントは汚れが溜まりやすく、また炎症を起こしやすいです。
炎症を起こすと歯医者での治療が必要ですし、高額な治療費を請求されることになります。
経済的な負担にもなるので、インプラントを常に綺麗な状態にできるよう磨きましょう。

通常の歯は歯ブラシで磨くだけでも構いませんが、インプラントはデンタルフロスや歯間ブラシを使うと汚れを落としやすいです。
隙間のサイズに合わせて、デンタルフロスか歯間ブラシを選んでください。
電動歯ブラシを使うと、短時間で口内を綺麗に磨けるので大変便利です。

力を加えないように

インプラントは通常の歯に比べて、衝撃を受けやすいです。
自分は磨いているだけのつもりでも、インプラントに大ダメージを与えて炎症を引き起こすかもしれません。
そうならないよう、優しい力で磨くことを常に意識してください。
歯に歯ブラシを当てた時に、後ろから毛先が広がって見えたら力が強すぎると判断できます。

また強い力で歯を磨くと、歯ブラシがすぐダメになってしまいます。
毛先がボロボロになった歯ブラシでは汚れを落とせませんし、インプラントや周辺の歯茎を傷つけるだけです。
そこから細菌が侵入し、虫歯や歯周病といった病気を発症する恐れがあるので注意してください。
軽い力でも、じっくり磨くことで汚れを落とし、口内環境が清潔になります。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ